Support Blog

ショートガンでディテイリングが変わる!高圧用ショートガンの選び方

ショートガンでディテイリングが変わる!高圧用ショートガンの選び方

ディテイリングの必須ツールとも言える高圧用ショートガン。様々なものを使ってきました。すべてのガンに一長一短があり、その感じ方も人それぞれで、どれが正解かはありません。しかしプロフェッショナルの指に直接触れるショートガンは、ディテイリングそのものを変えるほど重要なツールです。その選び方の一例を紹介します。まずは、 主要ブランド MTM hydro イタリア: イタリアのブランドでおそらくディテイリング界では最もポピュラーな存在なのではないでしょうか。米国ではVELOCIというブランド名でも展開しているようです。品質と価格のバランスが良くビギナーからプロフェッショナルまで幅広く利用されています。私はMTMのSGS28というモデルを当初から使っていました。   TECOMEC イタリア:最初に使用したガンです。MV925。イタリア製ですが、日本での取り扱いが多く選びやすいモデルです。これも品質と価格のバランスが良く、オールマイティな利用が可能です。MV925はヘッド部が丸くコンパクトになっています。   Mosmatic スイス(R+M Suttner):こちらも有名モデル。世界最高峰のスイベルとして名高いスイス・モスマティック社のガンとして認知されているケースが多いです。実際はドイツのR+M Suttnerという会社がOEM提供しています。Mosmatic社とR+M Suttner社は仲が良く、両社でお互いの製品を扱っています。このあたりになってくると質感、肉厚感、トリガーのフィーリング、すべて上質です。価格も高くなる傾向にあります。   R+M Suttner ドイツ:誤解を恐れず言えば、最高品質とも言えるブランドです。非常に数多くの製品を扱っており、ショートガンだけでもかなりの数にのぼります。同じモデルであっても、真鍮製・ステンレス・セラミックボールなど様々な仕様があります。画像は今私が使っているモデルST2700のオールステンレス仕様です。R+Mラインナップの中でも最高峰に位置付けられるモデルです。握った瞬間に頑丈さが伝わってきます。LTFテクノロジーという、わずかな力でトリガーONを継続できる機構を搭載しています。価格はびっくりするほど高いです。   LTFテクノロジーとは 通常のガンに比べ、トリガーをONにする力を40%減。トリガーの保持力を90%減小させる人間工学に基づいた技術。R+M Suttner社はプロフェッショナルに向けた製品開発を行っている。   選定要素:耐圧・材質・サイズ まず耐圧ですが、多くのガンは4000PSI(27Mpa)以上です。100V高圧洗浄機ではどうがんばっても10Mpa程度が限界。よってディテイリング作業を十分カバーできる数字です。あまり迷う事はないでしょう。では材質はどうでしょうか。まず見るところはガン先とガン下のホース接続口の金具です。 黄金色は真鍮製です。真鍮製は安価な傾向にあります。とはいっても性能は十分にあります。一つ問題点を上げるとすると、劣化しやすいということでしょうか。付着する水質が悪いとあっという間に腐食していきます。しかし性能が落ちるということはないので、劣化が気にならないのであればコストパフォーマンスに優れる真鍮製を選ぶのがベストです。   ガン先だけが真鍮で、ガン下ホース接続金具だけステンレスというパターンもあります。もしこだわりがある場合はすべてステンレス製のものが良いでしょう。腐食に強く、美しいシルバーが所有欲を満たしてくれるはずです。私は触れるものすべてをステンレスにしてしまいたいです。 そして大事な要素がサイズ感です。ガンは一見するとどれも同じサイズに見えます。実際の寸法もそう大きく変わるものではありません。しかし、1mm, 2mmの差が大きくフィーリングを変えます。これはもう実際に持って試してもらうしか伝える方法がないのですが、私の基準で紹介させて頂きます。...

ショートガンでディテイリングが変わる!高圧用ショートガンの選び方

ディテイリングの必須ツールとも言える高圧用ショートガン。様々なものを使ってきました。すべてのガンに一長一短があり、その感じ方も人それぞれで、どれが正解かはありません。しかしプロフェッショナルの指に直接触れるショートガンは、ディテイリングそのものを変えるほど重要なツールです。その選び方の一例を紹介します。まずは、 主要ブランド MTM hydro イタリア: イタリアのブランドでおそらくディテイリング界では最もポピュラーな存在なのではないでしょうか。米国ではVELOCIというブランド名でも展開しているようです。品質と価格のバランスが良くビギナーからプロフェッショナルまで幅広く利用されています。私はMTMのSGS28というモデルを当初から使っていました。   TECOMEC イタリア:最初に使用したガンです。MV925。イタリア製ですが、日本での取り扱いが多く選びやすいモデルです。これも品質と価格のバランスが良く、オールマイティな利用が可能です。MV925はヘッド部が丸くコンパクトになっています。   Mosmatic スイス(R+M Suttner):こちらも有名モデル。世界最高峰のスイベルとして名高いスイス・モスマティック社のガンとして認知されているケースが多いです。実際はドイツのR+M Suttnerという会社がOEM提供しています。Mosmatic社とR+M Suttner社は仲が良く、両社でお互いの製品を扱っています。このあたりになってくると質感、肉厚感、トリガーのフィーリング、すべて上質です。価格も高くなる傾向にあります。   R+M Suttner ドイツ:誤解を恐れず言えば、最高品質とも言えるブランドです。非常に数多くの製品を扱っており、ショートガンだけでもかなりの数にのぼります。同じモデルであっても、真鍮製・ステンレス・セラミックボールなど様々な仕様があります。画像は今私が使っているモデルST2700のオールステンレス仕様です。R+Mラインナップの中でも最高峰に位置付けられるモデルです。握った瞬間に頑丈さが伝わってきます。LTFテクノロジーという、わずかな力でトリガーONを継続できる機構を搭載しています。価格はびっくりするほど高いです。   LTFテクノロジーとは 通常のガンに比べ、トリガーをONにする力を40%減。トリガーの保持力を90%減小させる人間工学に基づいた技術。R+M Suttner社はプロフェッショナルに向けた製品開発を行っている。   選定要素:耐圧・材質・サイズ まず耐圧ですが、多くのガンは4000PSI(27Mpa)以上です。100V高圧洗浄機ではどうがんばっても10Mpa程度が限界。よってディテイリング作業を十分カバーできる数字です。あまり迷う事はないでしょう。では材質はどうでしょうか。まず見るところはガン先とガン下のホース接続口の金具です。 黄金色は真鍮製です。真鍮製は安価な傾向にあります。とはいっても性能は十分にあります。一つ問題点を上げるとすると、劣化しやすいということでしょうか。付着する水質が悪いとあっという間に腐食していきます。しかし性能が落ちるということはないので、劣化が気にならないのであればコストパフォーマンスに優れる真鍮製を選ぶのがベストです。   ガン先だけが真鍮で、ガン下ホース接続金具だけステンレスというパターンもあります。もしこだわりがある場合はすべてステンレス製のものが良いでしょう。腐食に強く、美しいシルバーが所有欲を満たしてくれるはずです。私は触れるものすべてをステンレスにしてしまいたいです。 そして大事な要素がサイズ感です。ガンは一見するとどれも同じサイズに見えます。実際の寸法もそう大きく変わるものではありません。しかし、1mm, 2mmの差が大きくフィーリングを変えます。これはもう実際に持って試してもらうしか伝える方法がないのですが、私の基準で紹介させて頂きます。...

クランツレK1122TS高圧洗浄機とは

クランツレK1122TS高圧洗浄機とは

  より良い高圧洗浄機を求める 何台もの高圧洗浄機を使ってきました。どれも水量・圧力に不満はありませんでした。しかし長時間稼働させていると本体接続部から水が漏れたり、電源が入らなくなってその日のディテイリング作業ができない事もありました。接続にも問題がありました。社外ホースを使いたくとも、メーカー専用コネクタが使われている場合、交換は容易ではありません。 ディテイラーが高圧洗浄機に求めるものは何でしょうか。水量と水圧、これだけあれば多くは問題にならないでしょう。安価な高圧洗浄機でもこれらは十分満たせるはずです。しかしそういった製品の多くは2ポールモーターを採用しており、始動に多くの電力を消費します。運が悪いとブレーカーが落ちることもあります。そして2ポール特有の甲高い稼働音も好き嫌いが分かれる要素です。 ボディ形状にも課題がありました。ほとんどの製品はトロリーを装備しており、移動可能な設計になっています。汎用的な作りとしてはパーフェクトですが、ガレージ作業を専門としたディテイラーではこれに利点はありません。だから私はウォールマウントが可能で、安定した品質、始動性が良くコンパクトな高圧洗浄機を探していました。 クランツレ洗浄機という選択肢 業務用高圧洗浄機として定評のあるクランツレ製品にヒントがありました。日本クランツレ社がローカライズした100V機”K1122TST”です。この製品からトロリーを取り除き、コンパクト化できないかと考えました。 100Vの限界 すでにコンパクト化されたクランツレ洗浄機は欧米を中心として展開されていました。しかし日本は電力の関係でラインナップがされていません。日本は100Vという世界的に見ても少ない電力です。グローバル展開するクランツレが日本に注力しずらいのは致し方のないことです。しかし日本クランツレ社が日本に最適化したモデルがあります。K1122TST。これを理想の形にすることはできないだろうか。日本クランツレ社との共同開発が始まりました。 ディテイルマシンK1122TSの完成 そうして出来上がったのが本モデルです。トロリーは外され、代わりにステンレスのハンドルを装備しました。電源ボックスをよりスタイリッシュなものに変更するために、各部パーツを最適化したものに変更しました。結果、大幅な小型化が実現しウォールマウント可能な姿になりました。 クランツレ洗浄機の性質 再構築する過程で、このクランツレ洗浄機が非常に屈強な作りをしていることを知りました。セラミックコーティングされたピストンに分厚い真鍮製ポンプ。大型ブラシレスモーター。どれも100Vエネルギーには過剰な装備です。しかしこの過剰スペックがハードワークなディテイラーの要求を満たすのだと思います。 この製品を更にブラッシュアップするために何が必要かを常に考えています。付属のショートガンとホースはディテイラーにとって必ずしも喜ばしい装備とは言えません。よって、デリバリーされた瞬間に愛着のあるホースとショートガンを接続したほうが良いでしょう。やがてオイル交換も必要になります。現在最適なオイルを選定しています。水量と圧力のチューニングも継続して行っていく予定です。ケミカルを噴射し、最適な希釈率を決めるのは高圧洗浄機の役目です。ディテイルに正解がなかったとしても、高圧洗浄機という核となる要素は常により良い方向へ進化していくべきでしょう。 最良のツールとして 本モデルは万人に向けられたものではないでしょう。メンテンスを施し、壊れれば修理をする。そうやって長い期間に渡って使い続ける道具です。それを想定してか、クランツレ社は頻繁なモデルチェンジを行わず、すべての構成パーツを供給し続けています。クランツレ洗浄機は修理もオーバーホールも、チューニングも可能な特異な洗浄機とも言えます。最良の仕事には最良の道具が必要なように、クランツレ洗浄機はディテイラーやハイエンドユーザーの要望を満たす存在になってくれるでしょう。

クランツレK1122TS高圧洗浄機とは

  より良い高圧洗浄機を求める 何台もの高圧洗浄機を使ってきました。どれも水量・圧力に不満はありませんでした。しかし長時間稼働させていると本体接続部から水が漏れたり、電源が入らなくなってその日のディテイリング作業ができない事もありました。接続にも問題がありました。社外ホースを使いたくとも、メーカー専用コネクタが使われている場合、交換は容易ではありません。 ディテイラーが高圧洗浄機に求めるものは何でしょうか。水量と水圧、これだけあれば多くは問題にならないでしょう。安価な高圧洗浄機でもこれらは十分満たせるはずです。しかしそういった製品の多くは2ポールモーターを採用しており、始動に多くの電力を消費します。運が悪いとブレーカーが落ちることもあります。そして2ポール特有の甲高い稼働音も好き嫌いが分かれる要素です。 ボディ形状にも課題がありました。ほとんどの製品はトロリーを装備しており、移動可能な設計になっています。汎用的な作りとしてはパーフェクトですが、ガレージ作業を専門としたディテイラーではこれに利点はありません。だから私はウォールマウントが可能で、安定した品質、始動性が良くコンパクトな高圧洗浄機を探していました。 クランツレ洗浄機という選択肢 業務用高圧洗浄機として定評のあるクランツレ製品にヒントがありました。日本クランツレ社がローカライズした100V機”K1122TST”です。この製品からトロリーを取り除き、コンパクト化できないかと考えました。 100Vの限界 すでにコンパクト化されたクランツレ洗浄機は欧米を中心として展開されていました。しかし日本は電力の関係でラインナップがされていません。日本は100Vという世界的に見ても少ない電力です。グローバル展開するクランツレが日本に注力しずらいのは致し方のないことです。しかし日本クランツレ社が日本に最適化したモデルがあります。K1122TST。これを理想の形にすることはできないだろうか。日本クランツレ社との共同開発が始まりました。 ディテイルマシンK1122TSの完成 そうして出来上がったのが本モデルです。トロリーは外され、代わりにステンレスのハンドルを装備しました。電源ボックスをよりスタイリッシュなものに変更するために、各部パーツを最適化したものに変更しました。結果、大幅な小型化が実現しウォールマウント可能な姿になりました。 クランツレ洗浄機の性質 再構築する過程で、このクランツレ洗浄機が非常に屈強な作りをしていることを知りました。セラミックコーティングされたピストンに分厚い真鍮製ポンプ。大型ブラシレスモーター。どれも100Vエネルギーには過剰な装備です。しかしこの過剰スペックがハードワークなディテイラーの要求を満たすのだと思います。 この製品を更にブラッシュアップするために何が必要かを常に考えています。付属のショートガンとホースはディテイラーにとって必ずしも喜ばしい装備とは言えません。よって、デリバリーされた瞬間に愛着のあるホースとショートガンを接続したほうが良いでしょう。やがてオイル交換も必要になります。現在最適なオイルを選定しています。水量と圧力のチューニングも継続して行っていく予定です。ケミカルを噴射し、最適な希釈率を決めるのは高圧洗浄機の役目です。ディテイルに正解がなかったとしても、高圧洗浄機という核となる要素は常により良い方向へ進化していくべきでしょう。 最良のツールとして 本モデルは万人に向けられたものではないでしょう。メンテンスを施し、壊れれば修理をする。そうやって長い期間に渡って使い続ける道具です。それを想定してか、クランツレ社は頻繁なモデルチェンジを行わず、すべての構成パーツを供給し続けています。クランツレ洗浄機は修理もオーバーホールも、チューニングも可能な特異な洗浄機とも言えます。最良の仕事には最良の道具が必要なように、クランツレ洗浄機はディテイラーやハイエンドユーザーの要望を満たす存在になってくれるでしょう。

K1122TSセットアップガイド

K1122TSセットアップガイド

↓K1122TSTカスタムモデル”K1122TS”のセットアップガイドです。K1122TSは重量が約20kgあります。箱から取り出す場合は十分にご注意下さい。また、K1122TS本体を持ち上げる時に、リアのコンデンサー部分を持たないようにしてください。 ↑この部分に本体重量がかかるとコンデンサーステーが破損する可能性があります。   ↑上記がデリバリー状態のK1122TS本体です。この状態ですぐに利用可能な状態にセッティングされています。 ↑標準でホースオスコネクタが装着されています。ネジは3/4サイズです。一般的なホースコネクタが接続可能です。ここに給水ホースを接続して下さい。 ↑付属しているクランツレ純正ホースを使う場合は、加圧側出口をM22規格に変更する必要があります。標準で変換ジョイントが付属しています。 ↑加圧側出口にねじ込んで下さい。ネジ規格はG平行です。強い力で締め上げすぎないようにご注意下さい。シール剤ナシでも水漏れしないことを確認しておりますが、状況により水漏れが発生する可能性があります。その場合はロックタイトなどのシール剤を塗布して下さい。中強度をおすすめします。 ↑純正ホースはM22メスコネクタになっています。本体側へはホースの片側黒いコネクタを装着して下さい。 ↑片側のグレーのコネクタはロングガンへ接続して下さい。ホース両端ともM22 1.5のメスコネクタです。ガン側インレット接続口がM22オスであれば社外品のショートガンなどが接続可能です。 ↑メーターカバーを外して下さい。このメーターはポンプ部の圧力を計測します。グリセリン注入型の圧力計なので気泡が入っていますが、仕様です。 ↑電源ケーブルは5m。のアースプラグ付きです。K1122TSは14.5Aを使用します。そのため延長コードや電源タップを利用した接続を避け、コンセント口へ直結して下さい。 ↑3極→2極への変換アダプターが標準で付属しています。 メーカーの説明書・ユーザー登録書が付属しています。説明書はK1122TSTのもので、本モデルには適合しない部分があります。利用前にユーザー登録書をメーカーへFAXして下さい。後日保証書がメーカーから送られてきます。 すべての接続が完了後、本体のスイッチを入れ、吐出テストを行って下さい。

K1122TSセットアップガイド

↓K1122TSTカスタムモデル”K1122TS”のセットアップガイドです。K1122TSは重量が約20kgあります。箱から取り出す場合は十分にご注意下さい。また、K1122TS本体を持ち上げる時に、リアのコンデンサー部分を持たないようにしてください。 ↑この部分に本体重量がかかるとコンデンサーステーが破損する可能性があります。   ↑上記がデリバリー状態のK1122TS本体です。この状態ですぐに利用可能な状態にセッティングされています。 ↑標準でホースオスコネクタが装着されています。ネジは3/4サイズです。一般的なホースコネクタが接続可能です。ここに給水ホースを接続して下さい。 ↑付属しているクランツレ純正ホースを使う場合は、加圧側出口をM22規格に変更する必要があります。標準で変換ジョイントが付属しています。 ↑加圧側出口にねじ込んで下さい。ネジ規格はG平行です。強い力で締め上げすぎないようにご注意下さい。シール剤ナシでも水漏れしないことを確認しておりますが、状況により水漏れが発生する可能性があります。その場合はロックタイトなどのシール剤を塗布して下さい。中強度をおすすめします。 ↑純正ホースはM22メスコネクタになっています。本体側へはホースの片側黒いコネクタを装着して下さい。 ↑片側のグレーのコネクタはロングガンへ接続して下さい。ホース両端ともM22 1.5のメスコネクタです。ガン側インレット接続口がM22オスであれば社外品のショートガンなどが接続可能です。 ↑メーターカバーを外して下さい。このメーターはポンプ部の圧力を計測します。グリセリン注入型の圧力計なので気泡が入っていますが、仕様です。 ↑電源ケーブルは5m。のアースプラグ付きです。K1122TSは14.5Aを使用します。そのため延長コードや電源タップを利用した接続を避け、コンセント口へ直結して下さい。 ↑3極→2極への変換アダプターが標準で付属しています。 メーカーの説明書・ユーザー登録書が付属しています。説明書はK1122TSTのもので、本モデルには適合しない部分があります。利用前にユーザー登録書をメーカーへFAXして下さい。後日保証書がメーカーから送られてきます。 すべての接続が完了後、本体のスイッチを入れ、吐出テストを行って下さい。